薬剤師の就職先「製薬会社」の仕事内容や平均給与について

薬剤師の就職先「製薬会社」の仕事内容や平均給与について

製薬企業で働く場合、その職種により業務内容は大きく異なります。

 

その職種は大きく分けると下記の5種類になります。

 

1)創薬
薬剤師にとっては花形とも言える新薬を開発する業務です。薬の開発には莫大な時間とお金をかけて、様々な臨床試験や研究を重ねていく必要があります。製薬会社の命運を握る重要な業務であるため、学部卒で採用されることはまずなく、大学院で得た高度な知識と能力が求められる仕事です。

 

2)治験コーディネーター(CRC)/臨床開発モニター(CRA)
治験に関わる仕事ですが、CRCは病院をサポート、CRAは製薬企業をサポートするという点で違いがあります。CRCの主な業務は、被験者のスケジュール管理や服薬指導、医師のサポート、外部企業との調整などがあり、治験の契約から終了まで関わっていく必要があります。一方CRAは、医療品開発業務委託機関において、治験から新薬申請までの様々な手続きを進めていく業務です


 

3)医薬情報担当者(MR)
自社の医薬品の適正使用を普及させるため、医師や薬剤師に薬の安全性や有効性などの情報提供を行う業務です。また、副作用が生じた場合には副作用の情報収集を行い、自社の研究開発担当者へフィードバックすることもMRの大切な仕事となります。基本的な仕事内容は担当する病院や医院を1日に数件訪問して情報提供と情報収集を行い、医師との信頼関係を築いていくことです。

 

4)臨床開発(QC、QA、DM)
新薬の開発に関わる仕事で、治験における品質管理(QC)、品質保障(QA)、データマネジメント(DM)の3部門に分かれています。

 

5)DI業務
Drug Informationのことを略してDIと言います。DI業務とは、医薬品の副作用情報や臨床現場でのデータなどを収集して整理し、情報を必要としている方々に提供していく仕事のことを言います。製薬企業のDI室には、病院のDI担当薬剤師からの問い合わせや、医療従事者、自社MRからも情報提供を求められることがあります。専門知識と、情報を整理して発信する総合力が必要になる業務です

 

製薬会社の薬剤師のお給料

製薬企業に勤める場合、初任給は一般病院への勤務と大きな違いがなく年収が300万円台であることも珍しくありません。

 

他の職種に比べて昇給には期待が持てますが、基本的には実力次第です。大きな実績を残せば1000万円を超えることもありますが、500万円になかなか届かないということもあります。

 

また、MRの場合は他の職種よりも給料がかなり高くなり、一般の製薬会社でも600万円から800万円、大手や外資の製薬企業であれば30代で1000万円を超えている方も多いとされています。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった