薬剤師 MR

薬剤師の【MR】の仕事内容について

薬剤師の【MR】の仕事内容について

MRというのは、薬剤師として活躍をしていきながら、

 

その他にも様々な業務を行っていきます。

 

一番多い業務は、薬の営業です。

 

自分が勤務している製薬会社の薬を出来るだけ使ってもらえるように

 

病院やクリニックなどに伺い、医師に薬の説明をしていきます。

 

門前払いされてしまうことも多く、根気よく通っていくことも大切です。

 

その際に医師を招待して、接待することが多く、医療現場ではなく、

 

料亭などで接待しながら、薬を使ってもらえるようにアピールしていきます。

 

製薬会社は競争率が激しいとも言われていますので、この接待がとても影響してくるようです。

 

それから、こうした仕事の他に、新薬ができたときに講演や講習をします。

 

医師は忙しくなかなか時間がとれないので、

 

昼食の間に数分の時間を割いてもらってお弁当などを提供しながら、

 

新薬についての特徴を聞いてもらいます。

 

それから、他に講習をするときに、有名な学者さんなどを呼んで、

 

医師に招待状を送り、ゆっくりと説明を聞いてもらうようにします。

 

MRの仕事は単純に営業だけだと思われていることも多いですが、

 

そうではなく、このように沢山の業務があります。

 

実績をあげていくことで、そのまま収入に繋がっていったりもしますから、

 

自分の頑張り次第でどんどんキャリアを積んで収入に結びつけていくことができます。

 

MRは薬剤師の中でも、高収入な部類に入っていますから、

 

人気もあるし、製薬会社からの求人も多いですね。

 

慣れるまでは要領がつかめず大変ですが、慣れてしまえばとてもやりやすい仕事です。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった