薬剤師 臨床開発モニター

薬剤師の臨床開発モニターの仕事内容について

臨床開発モニターの仕事内容について


臨床開発モニターという仕事を聞いたことが

 

あるという人もいるかと思いますが、

 

臨床開発モニターはどんな仕事をしているのかというと、

 

新薬の開発に携わり、最も重要な役割を担っています。

 

新薬が開発されてから、すぐに世間に出てくるわけではなく、

 

臨床試験を行って、本当に安全性が確認されてから出回るようになります。

 

そのためには臨床試験は避けて通ることができないものですから、必ず行いますよね。

 

臨床試験に参加する治験者の募集、

 

治験を行う病院の手配、

 

治験者への説明や書類管理をおこない、

 

治験が問題なく行われているかどうかのチェックをしていきます。

 

治験が終わったあとは結果の集計をして、

 

製薬会社や病院への報告をします。

 

治験に参加する人からの質問などに答えていくこともします。

 

臨床試験があるからこそ、新しい新薬を安心して使うことができるようになるので

 

、臨床開発モニターの存在がなければ、薬が開発されても使われることはありません。

 

臨床試験は基本的に日中行われることが多いですが、泊まり掛けで行う必要もあり、

 

その場合には夜勤をすることになります。

 

臨床開発モニターになるには薬剤師としてある程度の経験が必要になってくるので、

 

資格をとってすぐに働くということはできませんが、

 

経験を積んで目指していけば、求人は沢山あります。

 

臨床開発モニターは毎日勤務があるわけじゃなく、

 

必要なときにだけ出勤すれば良いという場合もあるので、その場合なら自分の時間をしっかり確保することができますね。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった