薬剤師 平均給与

薬剤師の平均給与について

薬剤師の平均給与について


薬剤師は給与があまり多くないので、他の職業で働いているという人も多いですが、実際のところ薬剤師の平均給与はどの職種(職場)が高いのでしょう?

 

ドラッグストアなどの場合には、月収で20万円の収入になることも少ないですが、治験に携わる仕事になると、22万円前後が平均的になっていて、

 

製薬会社に勤務をして実績をあげていけば、もっと多くなります。

 

そう考えると、製薬会社に勤務をするのが一番給与は良いということになります。

 

ただ、製薬会社の場合には薬を使ってくれる病院に売り込みや説明に行ったりしなければならず、

 

コミュニケーション能力が必要になってきます。

 

慣れれば問題なくこなせるようになりますが、慣れるまでは医師によってクセがあったり、受け入れてくれないことがあったりするので、中々苦労するかも知れません。

 

治験においても、参加者とのコミュニケーション能力は必要になってきますから、単純に薬についての知識が多ければそれで仕事がこなせるかというと、そればかりではありません。

 

しかし、こうしたことに慣れてしまえば、とてもやりがいを感じることができます。

 

給与ももちろん大切ですが、ひとつの職場で長く働いていれば、給与は自然に高くなっていくものですから、

 

はじめはそんなに気にしなくても良いと思います。

 

働きやすいということが一番ベストだと思います。

 

仕事は働きやすくないと、いくら給与が良くても、働いていて楽しくなければ、続けていくことができないので、まずは働きやすさを重視していきましょう。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった