管理薬剤師

管理薬剤師になるには?

管理薬剤師になるには?


ドラッグストアに行くと、レジの管理や商品の管理をしている人の他に、

 

必ず白衣を着ている人がいると思いますが、

 

この人がいわゆる管理薬剤師です。

 

薬を扱う場所では、必ず管理薬剤師を配置しなければならず、

 

管理薬剤師がいないというところはありません。

 

管理薬剤師といっても業務の内容はその職場によって違っていて、

 

ドラッグストアの場合には、販売している薬を管理することが主になっていて、

 

沢山の薬のデータを全て把握することや、お客様向けに表示する文章を作成したりもします。

 

相当な数の薬がありますから、1日や二日で終わるものではありませんし、

 

次々に新しい商品が入っていますから、それも管理をしていきます。

 

その他には人手が足りなければ、レジを打ったりするようなこともあります。

 

調剤薬局の場合には業務は薬の調合のほかにカルテの管理や、薬品の管理をしていきます。

 

管理薬剤師は薬剤師としての経験がある程度なければできませんから、

 

早いうちに薬剤師になっておき、管理薬剤師を目指していくと良いですね。

 

管理薬剤師というからには、他の薬剤師をまとめたり指導したりもしていきますから、

 

経験だけじゃなく、コミュニケーションをはかりながら、その職場の雰囲気を掴み、

 

円滑に業務が行えるように、助言をしていったりします。

 

それから、管理薬剤師になると、

 

収入が大幅にアップするというメリットがあります。

 

手当てがつきますから、それまでとは収入に差がついて、

 

更にやりがいを感じることができるようです。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった