薬剤師 臨床開発

薬剤師の臨床開発の仕事内容について

臨床開発の仕事内容について


臨床開発の仕事をしている薬剤師は、

 

出張がとても多い職業になります。

 

治験が行われている病院や会館などに出向いていって、

 

治験がきちんと指示通り、

 

決まり事を守って行われているのかどうかを確認したり調査したりします。

 

治験というのは、行われる薬の種類によって、

 

それぞれで決まっている事項があり、必ず守らなければいけないことがあります。

 

例えば薬についての説明を徹底的に行って、

 

わからない参加者がいたりする場合には納得できるまで説明をしたり、

 

不安を拭い切れずに辞退したいという参加者の希望を受け入れたり、

 

守らなければいけないことが決まっていて、

 

その決まりや、手順にしたがって行わなくてはならないのですが、

 

中にはそうした手順をスキップしてしまうような場合があったりもします。

 

まだ誰も試したことがない薬を試すということは、参加者にとってのリスクは当然高まりますから、

 

決められた手順にしたがうのはとても大切なことなんです。

 

それができないで治験を行ってしまい、トラブルになってしまうようなことがあれば、

 

取り返しのつかないことになってしまいますから、

 

そういったことをきちんと臨床開発の薬剤師が管理をしたり調査することで、

 

常に緊張感を持って治験が行われるようになります。

 

ですから臨床開発の仕事は毎日違った治験会場に出向いていき、

 

治験の内容を把握しながら、きちんと守るべきことを守って行われているかどうかを、

 

確認して調査書を作成して、製薬会社や医療機関に提出することになります。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった