薬剤師のドラッグストアってどんな仕事をするの?給料はどのくらい?

薬剤師のドラッグストアってどんな仕事をするの?給料はどのくらい?

薬剤師のドラッグストアでの仕事内容について

ドラッグストアでの主な仕事内容には、以下の2つがあります。

 

1)一般用医薬品(OTC薬)の販売
2)相談業務

 

ただし、ドラッグストアに調剤室が併設されている場合は、これらの業務に加えて調剤薬局と同様に「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」といった業務を行う必要があります。

 

ドラッグストアと調剤薬局の最大の違いは、市販薬や健康食品、サプリメントの取り扱いがある点です。

 

そのため、それらの取り扱い製品の幅広い知識が必要になるだけではなく、売上管理や売り場レイアウトなども担当する可能性が高くなります。

 

その分、様々な経験が出来ますし、多くの知識を吸収出来るといったメリットがあります。

 

ドラッグストアに勤める場合、多岐に渡る業務をこなしていく必要がありますが、将来的には医療用医薬品が第一類医薬品へと切り替わっていく可能性が低くはないため、これらの様々な知識を得られるという点で調剤薬局よりも優位であると考えることも出来ます。

 

ドラッグストアに正社員として勤める薬剤師の平均年収は500万円弱で、ここ数年は横ばいになっています。

 

初任給では月30万円前後、年収は350万円から400万円程度とされています。

 

勤務先のドラッグストアによってはこの金額に加えて、薬剤師手当がつくこともあります。

 

店長クラスになると700万円を超えるところが多いようですね。

 

ドラッグストアは大手企業が経営していることが多いため、年収に加えて福利厚生においても調剤薬局より優遇されていることが多いと言われています。

 

もちろんドラッグストアが調剤薬局よりも好待遇である理由はあり、基本的に調剤薬局よりも拘束時間が長くなるという点が挙げられます。

 

これはドラッグストアにおける調剤業務や第一類医薬品の販売が薬剤師のみにしか許されていないことに理由があります。

 

薬剤師不足が深刻な企業の場合、休日出勤や長時間勤務になる傾向が強く、共働きや育児中の女性には厳しい勤務形態となっていることも少なくありません。ただ、その分給料自体は高くなります。

 

管理人が思うドラッグストアの仕事

ドラッグストアでの仕事内容

 

ドラッグストアで働く薬剤師はどんな薬を飲めば良いのかがわからないというお客様からの質問に答えてあげたり、薬局に仕入れる薬の管理をしたりします。

 

風邪薬でも、せきに効果のあるものや、解熱効果のあるもの、それから、喉の痛みに効くものなどがあるし、痛み止の薬も眠くなるものや、眠くならないものなど、ひとつのジャンルでも複数の薬もがありますよね。

 

当たり前ですが、きちんと答えてあげることができるように、常にお店にある薬の種類や効果について、知っておく必要があります。

 

それから、新しく入荷する薬に関して、どのようなものが売れているのか、傾向を調べながら決めていったりもします。

 

この他には接客をする以外の時間には、他のパートさんや社員と同じように品出しをしたり値段をつけたりといったこともしていきます。

 

ドラッグストアは沢山のグループが運営しているので、とても求人が多くお店が閉まる時間には帰宅することになるので、残業もほとんどありませんし、働きやすいと思います。

 

従業員同士も仲良くしていることがほとんどで、休憩時間などには楽しく話をしたりすることができるので、仕事にストレスを感じるようなことがありません。

 

最近は複数の薬剤師を雇うドラッグストアが増えているので、休日もとりやすく、自分のペースで働いていくことができます。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった