薬剤師 治験コーディネーター

薬剤師の治験コーディネーターの仕事内容について

薬剤師の治験コーディネーターの仕事内容について

治験コーディネーター


治験コーディネーターの仕事は、

 

治験に参加する人にとってとても重要な存在となっていて、

 

治験コーディネーターがいなければ、治験がきちんと行えないかもしれないほどの役割があります。

 

そもそも治験というのは、今まで一般的に出回っていないくすりの効果を確かめて、

 

実際の効果や副作用を確かめるものですから、参加する人にとってのリスクも大きくなります。

 

もちろん参加者はそれだけ不安がありますし、薬に対して疑問を持っていたりもすると思います。

 

ですから、治験コーディネーターが不安や疑問を解消するために、

 

参加者の質問に答えたり、治験の最中も体調の変化はどうか、

 

気分が悪くなったりしてないかどうか、気にかけて細かな部分に気がついてあげられるようにします。

 

治験が始まる前に不安を持っている人がほとんどなので、

 

積極的に話かけるようにしたり、気楽に治験に挑めるようにしながら、治験のデータをとっていきます。

 

治験はあちこちで行われていますから、

 

勤務地がいつも同じだと限らず、毎回違うという場合もあります。

 

大きな病院に勤務をしている場合には病院内で治験が行われますが、

 

派遣として勤務をしていたりする場合には、違う勤務地になりますね。

 

収入に関しては、他の薬剤師よりも高いことが多く、

 

治験に参加する人だけじゃなく

 

医師や製薬会社のスタッフともコミュニケーションをとっていくことになります。

 

治験コーディネーターがいることで、それぞれの治験がトラブルなく、

 

参加者も安心していることができるので、需要はとても高いです。

 

薬剤師の就職探しは大手の転職サイトが無難だった